フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 3連休の日記 | トップページ | インフォームド・コンセント »

2005年5月15日 (日)

悲しい出来事

私が大変お世話になっていて、以前心理占星学を教わっていた、ラテール師が主宰する占い館 「ラテール星の家」が先週末で閉店した。
一人の心ない(というより常識のない)占い師の奇行によって、閉店に追い込まれた。
何があったかは語るのもおぞましいが、堂島地下センターは今後二度と占い館を作ることは無いであろう。
彼らから、「占い師は皆同類」などと思われないことを願うばかりである。
占い師は資格の要らない自由業。誰でもその日から占い師になれる。
でも、人を導く職業でもある。高邁な精神・人柄を持っていることは当然であるが、まさかそれ以前に「社会人としての常識が必要」などとは言いたくもない。
日易連や占術協会が、「認定制度」を進めているが、こんな事があると、認定制度もある意味、納得できることかも知れない。
鑑定される人にとっては、「『認定』を持っている占い師なら安心だ」という気にはさせてくれるだろう。
占い師を採用する占い館も、「認定取得」を採用の前提資格にする時代が来るかも知れない。
怒りがこみ上げてきて、単なる「愚痴・文句」の文章になってしまった。。。f^^;

« 3連休の日記 | トップページ | インフォームド・コンセント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3連休の日記 | トップページ | インフォームド・コンセント »