フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 占い師の新年会 | トップページ | イイ男は酒を飲む »

2007年1月 7日 (日)

新年から嬉しい知らせ

10年前の自分の上司だった、T氏から年賀状が届いた。
心温まる嬉しい知らせだ。
このT氏、マーケティングの部長をやってた人だが、ものすごく前向き。
自分にとっては学ぶところの多い、尊敬できる上司だった。
昨年、定年をあと半年残して突然退職して、大工さんを目指して建築学校に通い始めた。
しかも和歌山県にある全寮制の学校。
齢59歳!! 若い!! 
この人の便りを読んでいると、ホントに人生を楽しんでると思う。

この手紙の一部を紹介します。

-----------------------
 昨年2月に会社を繰り上げて卒業し、4月に和歌山の某専門学校に
 入学しました。今年3月に卒業します。
 日本の在来工法の家造り、つまり大工さんのまねごとを勉強しています。
 楽しい日々の経つのは早く、余す日数は僅か・・・
 学校で学んだことを活かし、県立自然公園で和歌山県北部にある
 生石山で30㎡の育苗舎の建築を進めています。民家並みの
 しっかりした軸組です。
 (中略)
  ・「山荘のベランダを直して欲しい」との頼まれごと、
  ・嫁さんに約束した我が家の耐震工事
  ・山小屋を造ってみたくなったり
 やりたいことのイメージがだんだん膨らんでいます。
 今年も健康で前向きに過ごしたいと思っております。
 (後略)
-----------------------

と、今自分がやってる事、将来やりたいこと、和歌山の自然の中での生活が、ものすごく意欲的に綴られていた。

いやぁ、素晴らしいね。
この人は会社に在職中も、SEでありながら営業顔負けのプロモーションをやって、大きな商売をGETしてきた。
器の大きい人だが、それだけに敵も多かった。
この人はものすごく密度の濃い人生を送っている。

この人のように、人生を2倍も3倍も謳歌できるのは素晴らしい。
この人は一生、『青春』してるのだろうね。

サムエル・ウルマンの名詩『Youth』(新井満氏訳)を思い出してしまった。

   青春とは
   真の 青春とは
   若き
   肉体のなかに
   あるのではなく
   若き
   精神のなかにこそ
   ある
   
   ・・・・(中 略)・・・・
   歳を重ねただけでは人は老いない
   夢を失ったときはじめて老いる
       ↑
    (著作権があるし、全文は載せられないけど)

昔書いた日記と同文だが、この詩を読み返してみたくなった。

« 占い師の新年会 | トップページ | イイ男は酒を飲む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 占い師の新年会 | トップページ | イイ男は酒を飲む »