フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ナマ足&サンダルの不思議 | トップページ | いまどきの『代書屋』 »

2007年7月29日 (日)

その後の 「若いツバメ」

5月24日の日記の続き
その後のツバメのお話し。

あのときのツバメの巣は、さすがに通路の真ん中にあったため、通行客に差し障りがあり、5メートルほど移動。
クリーニング屋さんの天井に移動。

写真

もう殆ど大人の鳥と変わらないくらい成長したが、まだ親が餌を運んでいる。
もうすぐ飛び立つんだろうね。

それにしても、今度の巣は、ドえらいところに出来ている。


写真
写真

そう、蛍光灯の傘に巣があるのだ。exclamation ×2

蛍光灯を点灯すると、巣が熱くなってひな鳥が死んでしまう。
だから、別の蛍光灯を用意していて、そちらを点灯するようにしている様だ。

写真

若いツバメが巣立つまで、みんなタイヘンだふらふら

« ナマ足&サンダルの不思議 | トップページ | いまどきの『代書屋』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナマ足&サンダルの不思議 | トップページ | いまどきの『代書屋』 »