フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« これから帰還 | トップページ | 夢まで怒る »

2008年5月21日 (水)

納得できない足し算

今日(日付は昨日)は、京都の客先へ出かけた。
京都駅から、JR嵯峨野山陰線でひと駅。丹波口駅で降りる。
京都駅から一駅乗るだけで、こんなにのどかな風景。

写真

ところで、

大阪駅から丹波口駅まで、JRで、870円
大阪駅から京都駅まで、 JRで、540円
京都駅から丹波口駅まで、JRで、140円

あれ? 足し算がおかしくないかい???
大阪から丹波口まで直通の切符を買うより、一旦京都で降りて丹波口までの一駅の切符を買い直した方が、190円も安くなる。
大阪 <==> 京都間は、私鉄と競合しているので運賃を下げているためにこのようなことが起こる。

ところが、さらに面白いことがある。
乗り越したときの精算方法。。。。

大阪駅から京都までの540円の切符を買って、一駅乗り越して丹波口まで行ったとしよう。
丹波口での精算金額は、直通運賃の差額となる。
即ち、 870-540=330円 を丹波口で支払う。

対して、大阪==>京都を回数券を利用して、京都から一駅乗り越して丹波口まで行ったとしよう。
丹波口駅での精算金額は、京都==>丹波口の正規運賃 140円
さらに、平日昼間の割引回数券(340円)を使うと、
340円(回数券)+140円(乗り越し精算)=480円で行けてしまう。
矛盾しているような・・・・
わかるかな????

考えてみると、このロジックは理にかなっている。
■切符を買って乗り越せば、正規運賃の差額
■回数券や定期券で乗り越せば、乗り越し区間の区間運賃
を乗り越し請求される。 これは当然のこと。
しかし、このロジックをあてはめると、大阪==>丹波口では矛盾が起こる。

不思議な足し算だね。

« これから帰還 | トップページ | 夢まで怒る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これから帰還 | トップページ | 夢まで怒る »