フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« ダイエットめがね? | トップページ | なんともビックリ »

2008年9月 9日 (火)

失った視力の不思議

今日は会社を休んで、多根病院へ、母の診察の付き添い。
抜糸の処置を行う。
手術から2週間が経過して、状況は一進一退。
依然、世の中全てが「ピカソの絵」状態らしい。 勿論、一人での外出はムリ。
だいたい三ヶ月様子を見て今後の判断をする。
悪い方で落ち着いてしまえば、障害者の手続きをして、白い杖を貰って・・・
ということになる。

そんな中、不思議なことが起こっている。
この10年間、全く視力を失っていた左目が、時々見えるようになっている。
右目の調子が悪いとき、不思議なことに左目が見える。
見えると言っても、視力は0.01以下ではあるが、モノの認識が出来る。
更に不思議なことに、右目が見える日は、左目は見えない。
たまに両方見えるときがある。 ただし、見え方はヘン。。。
全て2つに見える。 両目で一つのモノを見ると言うことは出来ないみたいだ。
ボクは2人いるし、お茶碗は2つあるし、お箸は4本だし、1万円札も2万円分あるように見えている。
実はこの方が怖いらしい。

ボクは今週・来週と出張が続き、再来週から入院する。
どうするかなぁ~???
介護保険を通じてヘルパーさんに再度来て貰おうとして吹田市に再度連絡したけど、申請や審査やら、医師の診断やらで、もの凄く時間がかかる。
とてもボクの入院に間に合わない。
役に立たないお役所だふらふら

以前、要介護2から、要介護1→要支援2に落とされて、
http://shichuu.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/fo_b5f1.html
ボクが転勤で大阪に戻ってきたとき、
「介護は息子さんにやって貰って下さい」と、ヘルパーさんを打ち切られた経緯もある。

まだまだ問題山積だ。

« ダイエットめがね? | トップページ | なんともビックリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイエットめがね? | トップページ | なんともビックリ »