フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 一斤6000円の食パン | トップページ | 芋の煮っころがし »

2011年8月30日 (火)

小郡

最近、西方に出張に行くことが多い。

フォト

乗り心地の良い九州新幹線の列車に乗ることが多いのだが、
「ひかりレールスター」も捨てがたい。

フォト フォト

で、着いた駅は、ココ
        ↓
  フォト

昔、「小郡」と言っていた駅だ。
2003年に小郡駅(おごおりえき)より、新山口駅に改称した。

こんな所に何をしに行ったかって?
==> これは、とある行政機関のお仕事なので、ひ・み・つ

それにしても、この駅は変わったね。

20年以上前、ぼくがまだ若手だった頃、
広島に出張して、仕事が遅くなって終電で新大阪に帰ろうとした。
当時、「のぞみ」はなく、「ひかり」と「こだま」しかなかったのだが、
広島駅は、
 ・新大阪行きの最終のひかりと
 ・博多行きの最終のひかりが
同じ時刻に出発する。
出発のベルが鳴る中、急いで飛び乗った列車が、博多行きだった。
どうすることも出来ず、次の停車駅である、小郡駅で下車した。
小郡駅で誤乗証明を貰ったボクは、駅構内で翌日の始発を待った。
そのときの小郡駅の周りは、一面田んぼと畑ばかりで、店やホテルもなく、
蛙が鳴き、夜空のきれいな、のどかな田舎の駅だった。
「よくもこんなところに新幹線の駅を作ったモノだexclamation ×2
などと思っていたのだが、今日、20年ぶりに降りたってみて、ビックリげっそり

駅前にはターミナルがあり、商店街が出来、飲食店もホテルもある都会だ。
ウィキペディアによると、「山口県内の駅では下関駅に次いで乗降客が多く、山口県の交通の要衝となる駅の一つである。」 のだそうだ。

変わったねぇ~ 長生きはするもんだ手(パー)

« 一斤6000円の食パン | トップページ | 芋の煮っころがし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一斤6000円の食パン | トップページ | 芋の煮っころがし »