フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 虎の穴 | トップページ | 師匠の亡霊  幾たび »

2012年3月18日 (日)

大人買い

この土日、東京にプチ旅行に行っていた。
本当は連泊して、色んな人とコミュニケーションを持ちたかったんだけど(要するにとっくり(おちょこ付き)呑みたかったけど)、一泊で帰ってきた。

原書房で、こんな本を大人買いしてしまった。

フォト

神山五黄 「五行易講義録 全4巻」

フォト

帰りの飛行機で、ちょっとだけ読んでみた。
はじめはその章立てから、「増刪卜易」の和訳かと思っていたが、さにあらず。
独自の内容で、ものすごく面白い。
爻の旺相死囚休のみで判断している点など、おそらく、易八大氏や佐方天山氏らの「近代五行易」の原型ではないだろうか?
菅原壮氏が「断易入門」の中で、神山五黄氏をボロクソに書いていたが、おそらく菅原壮氏が活躍した時代には、近代五行易(的な技法)は、邪道だっただろうね。
いずれにせよ、ちょっと時間をかけて、じっくり読んでみよう。

昭和初期の本で、小さい字で手書きされているため、現在の活字印刷だと、2倍のボリュームになるだろう。
貴重なモノを手に入れてしまった。

読破して理解したら、勉強会などもやってみたいね。

« 虎の穴 | トップページ | 師匠の亡霊  幾たび »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虎の穴 | トップページ | 師匠の亡霊  幾たび »