フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 京町堀はオシャレだね | トップページ | 暗い酒 & まずい酒 »

2012年4月13日 (金)

「シニア」 は 「シニヤ」

4月1日から、介護保険法が改正され、適用条件等いろいろ厳しくなった。

フォト

①保険料は上がる
②介護サービスは、質・量ともに低下する
③介護サービスの基準となる認定基準(要介護度)は厳しくなる

と、3方向からサービスを削られる。
要するに、保険料は上がるのに、介護サービスは低下し、ランクも下げられるということ。
そもそも
 ①保険料は国が決める
 ②介護サービスの質・量は、地域包括支援センターが決める
 ③認定は、自治体が行う
と、バラバラで、それぞれが削り合うため、末端は苦労するのだ。

介護保険で必用なサービスを受けられないのなら、高い保険料を支払うイミはなく、年金と同様、「介護保険は加入しない」 という選択肢は無いものか?

以前、ボクが東京に住んでいた頃、母親のランクは、「要介護2」だった。
ボクが大阪に戻った途端、地域包括支援センターからは
「なんでも息子さんにやって貰ってください」 と、一切の介護サービスを打ち切られた。
「息子は働いているので・・・」 と言っても、

フォト 

そんなの関係ない!」 と、一蹴された。


もう、ボクも限界で、再度認定の申請をして、昨日役所の人が来たのだが、自治体がいくら認定してくれても、地域包括支援センターがどう判断するか・・・

どうなることやら。

もう、年寄りは生きていけない時代だね。
『シニア』 は 『シニヤ(死にや)』」 と言うことか?

« 京町堀はオシャレだね | トップページ | 暗い酒 & まずい酒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京町堀はオシャレだね | トップページ | 暗い酒 & まずい酒 »