フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« インフルエンザ食 | トップページ | 教育用DVDを借りて学習する »

2014年3月11日 (火)

あれから三年

あれから三年

東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。

ちょうどそのとき、ボクは東京に居て、震度5強を味わった。
 ※阪神大震災の時は、我が家周辺は震度6弱だったが、屋外&不案内な場所にいる
  という恐怖感があった。

ボクは、阪神大震災、東日本大震災と経験したが、「2度ある事は3度ある。」

次回は、
 ・南海トラフ?
 ・房総沖?
 ・実は、房総沖=南海トラフ という説もある

東日本大震災の時、震源から500キロ離れた東京が大きく揺れた。
こんど、房総沖が震源なら、500キロ離れた地点に大阪がある。

安政南海地震では、大阪は
  大阪では地震発生の約2時間後に津波が襲います。
  幕末の安政元年(1854)に起きた「安政南海地震」のときには、
  安治川、木津川の河口から侵入した津波は道頓堀や長堀、土佐堀
  などに入り込みました。それらの堀には地震の揺れから避難する多数の
  人を乗せた船が浮かんでいましたが、津波は船を逆流させて橋に衝突、
  船は転覆し、橋は破壊されるという惨状になりました。
    出典 http://www.nhk.or.jp/sonae/column/20121014.html

当然、中之島辺りは液状化になると思う。

備えあれば憂いなし とまではいかないが、「備えあれば憂い半分」 ということで、
食料と水を備蓄しよう。

奇しくも、ニュースから
■余震あと数年活発な状態 気象庁「M8級にも注意必要」
(朝日新聞デジタル - 03月10日 19:38)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=2796781
http://www.asahi.com/articles/ASG3B62WFG3BUTIL04C.html

« インフルエンザ食 | トップページ | 教育用DVDを借りて学習する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インフルエンザ食 | トップページ | 教育用DVDを借りて学習する »