フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« またボヤく! | トップページ | ちょっと宣伝 »

2016年7月27日 (水)

富士の樹海にモンスターをばらまけ! (笑)

ニュースから

小林よしのり氏「ポケモンGOの死者はまだか」の大問題発言! 信じがたい暴言に呆然
  https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-25512/

ゴーマニズム宣言で有名な小林よしのりさんの過激発言 おもしろいね。
「富士の樹海に10万匹くらいばらまいてほしい」 って、実はボクも同感。

ダウンロード解禁日の7月22日は、セキュリティのセミナーだったのだが、
受講生が講師の話を聞かずに、ポケモンGoに興じているのを見ると、つまみ出したくなる。

日本ではまだ、小林氏が期待する「死者」は出ていないが、海外では出ている。
 http://www.asahi.com/articles/ASJ7Q33M6J7QUHBI00J.html?iref=comtop_8_02 

ポケモンGOやりたい!!...とは思わないが、
ビジネスとしてのフレームは応用力が高く、
単なるゲームにはとどまらない、底知れないビジネス臭がする。

言ってしまえば、このフレームを使って人の行動がコントロールできる。
別にアレがポケモンである必要はないわけで、
「人が世界中をリアルに歩き回って、なんらかのお宝をゲットしていく」
のだから「お宝」がビジネスのカギになる。

お宝=クーポン券 なら女性たちが躍起になって飛びつくし
お宝=マニアグッズならアキバ系の男たちが躍起になるだろう
お宝=AKBグッズなら、アキモト君がまた大もうけ。

お宝を置くことで集客が見込めるのならば、
売上を上げたい店は、これによって集客力を高めるし
寂れた観光地は、かつての勢いを取り戻すかもしれないし、
AKBグッズを寂れた観光地に独占的に配備する契約をすれば、アキモト君がまた大もうけ。

もちろんGoogleさんもインフラ提供で大もうけ。

いつか誰かが
「楽しくゲームをしている」つもりが「なんだ行動を操られているだけじゃん」と気づくまで
ポケモンGO的なフレームは儲かるビジネスなんだろうな。

« またボヤく! | トップページ | ちょっと宣伝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士の樹海にモンスターをばらまけ! (笑):

« またボヤく! | トップページ | ちょっと宣伝 »