フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« スイートルーム | トップページ | ボクも負けずにダイエット!! »

2018年11月15日 (木)

思考が一方通行になった話

1泊2日の入院旅行(笑)
旅行代金は、4万7千円

会計で精算して、支払い証明書を貰って、それを僕がいた階のの詰所に渡して、退院となる。
この病院では、入院時にあらかじめ、「預かり金」として5万円を会計に預ける。
そして、精算時に返して貰うシステム。

実は面白いことがあった。
人間の思考って、面白いね。

精算の時、ボクは、「カードで支払います」 と言って、カードを出した。
会計の人は、不思議な顔をする。

会計:「いや、カードを使う必要は無いですよ。3千円のおつりです」
ボク:「カードで支払いたいんですが・・・」
会計:「どうして? 支払額よりも預かり金の方が多いから、改めての支払いはありませんよ」
ボク:「だからぁ、支払いはカードで行いたいんです。」
会計:「支払う必要は無い って言ってるじゃないですか!!」

ボクは、預かり金の5万円を返して貰って、改めてカードで4万7千円を支払うつもりだった。
会計の人にはその思考はなく、「預かり金から釣りを出せば良いのに、何故カードを出してくるのかわからない」 という状況。
病院にとってみたら、カードを使われればカード会社に手数料を支払わなければならず、なるべくカードを使わせたくないのはよくわかるが、この会計の人は、そういう気持ちで言っているのではなさそうだ。
この人は、5万円預かっているのだから、「そこから釣りを返す」という思考しかない。

面白いね。
ボクは、いつになったらボクのやろうとしていることに気づいてくれるのか試そうと、この会話を続けて見た。
奥から、責任者とおぼしき人が出てきて、窓口の人に
「この患者さんは、預かり金の5万円を返して、改めてカードで4万7千円を支払いたいと言ってるんだよ」 と説明し、やっと話が通じた。

医療機関に対する、カード会社の手数料は、意外と高い。
できれば現金で支払ってあげたかったが、カードにすればボーナス時期に支払いになるので都合が良い。 それにマイルがたまるし。

色々と思いは異なるね。

« スイートルーム | トップページ | ボクも負けずにダイエット!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考が一方通行になった話:

« スイートルーム | トップページ | ボクも負けずにダイエット!! »