フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 夜景 | トップページ | いつものことながら »

2018年12月 2日 (日)

危機迫るモノを感じた話

M1グランプリの決勝を見た。
長い歴史のある大会だが、ボクは今回初めて見た。

優勝した 霜降り明星の2人には、心から「おめでとう」 と言いたい。

面白いね。
なんというか、ちょっと感動した。

当初のボクの予想は、本命:和牛 対抗:かまいたち で、優勝した霜降り明星は、検討外だった。

それにしても、決勝で戦った、霜降り明星も和牛も、素晴らしかった。
審査員の松本人志が、「涙が出てきた」 と言ってたけど、ホントにそう思う。
ボクの感想は、面白いのは「霜降り明星」 芸として完成度の高いのは「和牛」。
今年ラストイヤーの「和牛」に、優勝させてやりたかったね。

ところで、ボクが「対抗」と思っていた かまいたちは、5位と振るわなかった。
確かに巧い。上手い。面白い。
審査員が言い放った一言に納得してしまった。
「確かに上手いですね。 でも、『上手い』と感じさせるのは、まだ芸が未熟な証拠」

なるほど。
確かに、和牛の2人との差を感じてしまったね

これって、漫才に限らず、芸事に限らず、何でも言えることかもしれない

« 夜景 | トップページ | いつものことながら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危機迫るモノを感じた話:

« 夜景 | トップページ | いつものことながら »